2009年04月12日

使える筋肉 使えない筋肉

時々、ウェイトトレーニングの話をしているときに、「使える筋肉」だとか「使えない筋肉」だとか抽象的に言い出す愚か者がいて、そういう連中は愚かなのだけど、明確にその愚かさを説明するのがどうも簡単ではないなあと、思ってました。

そこで、彼らがどこでつまずいているのかを簡潔に言うにはどうすれば良いか考えました。

結論から言うと、
「筋肉の使える使えないというのは、使用目的との関係で相対的に決まるものであり、使用目的から離れて抽象的に『使える筋肉』や『使えない筋肉』というものが存在するわけではない」ということです。

 やたらめったらウェイトトレで鍛えて、例えばベンチプレス200キロとかスクワット250キロとかそういうレベルのマッチョマンの筋肉というのは、たとえばマラソンでは全然ダメでしょうし、サッカーとかそういう球技にも向いてない筋肉だとは言えるでしょう。

 それをもってして、「ウェイトトレで作った筋肉って『使えない筋肉』なんでしょ」的な発言をする人がいるわけです。しかし、これは非常にナンセンスで、上記の人間の筋肉はベンチ競技には向いてるし、サッカー選手より腕相撲は強いでしょうし、マラソンランナーより相撲は強い可能性が高いです。

 どんな方法であれ、鍛錬により鍛えられる筋肉というのは、あらゆる局面において万能な筋肉ではないんです。この部分でつまずいてる人が多いです。各人の筋肉には、鍛え方によって、長所・短所があり、その長所・短所は使用目的との関係で決まってくるわけです。

 わかりにくいでしょうか。

 もしかしたら、具体的なアスリートをイメージしていただくと分かりやすいと思います。例えばこういうことです。

 イチローと室伏の筋肉はどっちが使える筋肉でしょうか。

 はい。これだと、ある筋肉が使えるか使えないかというのは、使用目的との関係で決まるということが理解しやすいのではないでしょうか。もちろん、イチローのほうが室伏より、野球で使用する目的においては、より使える筋肉でしょう。室伏のほうがイチローより、ハンマー投げに使用する目的においては、より使える筋肉でしょう。

 使用目的から離れて抽象的に「使える」「使えない」などと言えないということが分かっていただけたでしょうか。
posted by valisystem at 01:21| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかく筋肉があるのだからそんな愚か者は力で捩じ伏せてやればいいんですよ。論理より力です。
Posted by あ at 2014年02月21日 04:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。